GemForexのスプレッドは業界最狭!?ドル円0.0pips~

Gemforexのスプレッドは業界最狭!?ドル円0.0pips~のアイキャッチ画像

スプレッドって?

スプレッドって?のアイキャッチ画像
FXをやっていくうえでよく出てくる言葉に、「スプレッド」というものがあります。
「スプレッド0.3」という言葉を聞いたことがある方も、多いかもしれません。

でも、初心者の方だと、「どういう意味?」「なにか重要なの?」「気を付けた方がいいの?」と、疑問や不安に思っていらっしゃる方も多いかもしれません。
まずは「スプレッド」の意味からご説明しましょう。

「スプレッド」とは、売値(売るときの値段)と買値(買うときの値段)の差をことを指します。
直訳すると「広がり」「普及」といった日本語になりますが、ちょっと意味が変わりますね。
スプレッドの例を出すと分かりやすいかもしれません。

たとえば…
「ドルから円に換金したい(=ドルを売りたいと思っている)人の提示額」と「円からドルに換金したい(=ドルを買いたいと思っている)人の提示額」の差だとイメージしてください。
この差額こそ、スプレッドです。

つまり、「買値から売値を引く」ことをすれば、スプレッドがおのずと算出されるというわけです。
そしてこのスプレッドが、取引をするトレーダーの事実上の「取引にかかる手数料」になります。

これまでに、「スプレッドが狭い方がお得だ」というのを聞いたことがある方は、合点がいったことと思います。

FXやあらゆる取引に関わらず、一般的に考えても、手数料は、当然低い方がいいですよね。
スプレッドが狭い(差が小さい)ほど、手数料が減り、利益は多くなるというわけです。

こういった考え方から、スプレッドは狭い方がメリットにつながると言われています。
取引するペアによって平均スプレッドや最小スプレッドは変わってきます。

ご自身でチャレンジされる際には、ぜひともこのスプレッドの数字にも注目して、加味して挑んでください。

また、この後ご紹介しますが、使う口座によってスプレッドが異なる場合があります。
口座選びのときにも、スプレッドを考慮しておくのがおすすめです。

GemForexのオールインワン口座のスペック

GemForexのオールインワン口座のスペックのアイキャッチ画像
GemForexのFX口座タイプには、二つのタイプがあります。
そのうちの一つに、「オールインワン口座」があります。

ここからは、「オールインワン口座」のスペックについて、詳しくご紹介します。
オールインワン口座で取り扱われる基本通貨は「USD/JPY」で、ロット数は0.01Lot~となっています。

初期預託金は100円から(1ドルから)、レバレッジは1000倍です。
主要硬貨のスプレッド(先ほどご紹介した「スプレッド」です)は、1.2pip~で、手数料は無料。

予約注文は、「指値」と「逆指値」で、ヘッジも可能です、チケット単位のロット制限は30Lotとなっています。
特筆すべきは、利用制限が特にないこと。

裁量からEA(ExpertAdvisor)、ミラートレードサービスなど、制限を受けることなく、1つの口座で利用することができるんです。
スタンダードな口座だと思っておけば、間違いありません。
自動トレードにも対応する汎用性、制限なく使える自由さが魅力です。

あとで詳しくご説明しますが、口座開設ボーナスや100%入金ボーナス、お友達紹介キャンペーンといった、ボーナスキャンペーンにも対応していますよ。
初心者の方や、お得な制度を使っていきたいという方にピッタリの口座プランです。

では次に、もう一つの口座タイプ「ノースプレッド口座」についてご紹介します。

GemForexのノースプレッド口座のスペック

GemForexのノースプレッド口座のスペックのアイキャッチ画像
GemForexのもう一つの口座、それが「ノースプレッド口座」です。
この口座は、裁量トレードの専用口座となっています。
そのため、EA(ExpertAdvisor)・ミラートレードの利用はできません。

自動売買を利用したいと考えている方には不向きなので、そういった方はオールインワン口座を選んでくださいね。
インジケーターは利用可能です。
口座開設や100%入金ボーナスなどといったボーナスキャンペーンは対象外なので、注意が必要です。

その他のスペックをご紹介します。
基本通貨はUSD/JPY。オールインワン口座と同じです。
ロット数は0.01Lot~でこちらもオールインワン口座と同じですね。

初期預託金は30万円(3000ドル)~、レバレッジは1000倍です。
初期預託金が30万円というのは、なかなか高い壁に思える方も多いかもしれません。

ですが、初めからそんな大金は入金できないよ…と、あきらめる必要はありません。
実は、ノースプレッド口座は移行してくることができるんです。

オールインワン口座でスタートさせて、資金が30万円に達したらノースプレッド口座に移ってもOKなので、検討してみてくださいね。
手数料は無料で、予約注文は「指値」「逆指値」となっています。

チケット単位のロット制限は、30Lot。ヘッジ可能です。
特筆すべきは、スプレッドの狭さ。

オールインワン口座が通常・スタンダードなのに比べて、ノースプレッド口座ではスプレッドが狭くなっています。
(名前の通りと言えば、名前の通りですね)
最初にご紹介したように、制限があったり利用不可のものがあるのは、このためです。

まとめ

GemForexのスプレッドは業界再狭!?ドル円0.0pips~のまとめのアイキャッチ画像
ここまでFXにおける「スプレッド」の意味や「スプレッドが狭い方がいい理由」、また口座についてご紹介してきました。

GemForexの口座は2つある、というのは大きなポイント。
オールインワン口座がスタンダードなものに対して、スプレッドが狭いのがノースプレッド口座となります。

これだけを聞くと、「圧倒的にノースプレッド口座が得」なのかなと思ってしまう方も多いかもしれません。ですが、そこは注意が必要。

ボーナス対象外だったり利用制限があったりと、お得な分なんでもOK!というわけではないんです。
GemForexのボーナスキャンペーンは、海外FX会社のなかでも、かなり豪華。
トップクラスといっても過言ではありません。

口座開設ボーナスや100%入金ボーナス、お友達紹介キャンペーンは、ぜひとも利用したいお得な制度。
ですがこのボーナスキャンペーンは、オールインワン口座にのみ適用されます。

ご自身の用途やスタイルで、ボーナスキャンペーンを有効にどんどん使っていきたいという方は、ノースプレッド口座は向いていないと言えるでしょう。
また、EA(ExpertAdvisor)・ミラートレードも不可となっています。
いわゆる、自動トレードと呼ばれているものです。

FXで勝てるように構築されたシステムを使って、自身は何もせず、放っておいてもトレードしてくれる大変便利なものです。
ノースプレッド口座は、裁量トレードに限られてしまうので、こちらも注意が必要です。

ただし、移動平均線だったりボリンジャーバンドだったり、そういったインジケーター、つまりチャート分析のツールは利用できます。
通常のトレードには支障がないので安心してください。

このように、便利さ・お得さ・汎用性がそれぞれに違うのが、二つの口座「オールインワン口座」と「ノースプレッド口座」なんです。
ご自身のスタイル(自動なのか裁量なのか、ボーナスキャンペーンを使うのかどうかなど)を見極めて、ピッタリなのはどちらの口座なのか、判断してみてください。

もしも迷われたら、オールインワン口座で汎用性をもたせるのがいいかもしれません。
あなたにとって有益になることを祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です